流星記録書

ポケモンの記事が多めです。

【机上論】スピアジバコ【考察】

 

【個体解説】

f:id:Dragalge389:20171005001058p:plain スピアー@スピアーナイト

 特性:適応力

 努力値:AS252H4

 調整:特になし

 技構成:毒づき/とんぼ返り/叩き落とす/ドリルライナー

 備考:耐久調整をした方が良いかもしれない

 

f:id:Dragalge389:20171005001054p:plain ジバコイル@突撃チョッキ

特性:磁力

努力値:H236C140S132

調整: S:4振りメガハッサム抜き(王冠使用前提)  HC:残り

技構成:10万ボルト/ボルトチェンジ/ラスターカノン/めざめるパワー(炎)

備考: 火力をかなり下げてしまったのでSの調整先を変えても良いかもしれない。

 

【立ち回り】

・基本的には蜻蛉返り+ボルトチェンジのいわゆるトンボルチェンを展開していく。

メガスピアーが呼ぶテッカグヤハッサムエアームド辺りを磁力ジバコイルでサイクルカットし、メガスピアーを一貫を作っていく。

・受けループに対してはスピアジバコ+@1(グライオンに勝てるポケモン)という選出をすることにより、相手のエアームドをキャッチしたり、トンボルチェンで有利に試合を進めることができる。

ジバコイルの持ち物をチョッキにすることにより、メガスピアーを止めに来るスカーフテテフに対して強く出ることができる。

 

【厳しいポケモン

メガボーマンダ ランドロス バシャーモ ガルーラ ギャラドス 物理先制技持ちメガルカリオ ギルガルド カバルドン メガヘラクロス リザードン ミミッキュ ドリュウズ etc...

 

【終わりに】

 この並びはシーズン3の頃に脳内で考えた物である。レートでこの並びを何戦か使用したが、筆者には使いこなすことができなかった。だが、それでもお蔵入りにするには勿体ない並びだと思っているので、今回はメモも兼ねてブログに書くことにした。まだこの並びには未練が残っているので、いつかのシーズンで使いこなしてみたい。